1.軽めの運動習慣を取り入れる

毎日続けられるようなウォーキングやストレッチ、ヨガなどがおすすめです。

冷え性などの体質改善にもつながることが期待できます。

激しい運動は続かなくなることが多いので、無理のない穏やかな運動にしましょう。

2.バランスのよい食事を心がける

軽めの運動に加えて、5大栄養素をバランスよく含んだ食事を心がけ、授かりやすい健康的な体を目指しましょう。

過度のダイエットはホルモンバランスが乱れることもあるので、注意が必要です。

3.喫煙、過度の飲酒はしない

真剣に妊活をスタートするのであれば、喫煙はやめましょう。

また、過度のアルコールは摂取も体に悪影響を及ぼすので、ほどほどの量に抑えることが大事です。

4.ストレスを感じるまで頑張りすぎない

仕事や人間関係、妊活...いずれも無理をしないことです。

ストレスを感じるレベルまで頑張りすぎてしまうと、早々にエネルギー切れになってしまいます。

自分と周囲を比べないことも重要です。

5.リラックスできる生活習慣を持つ

入浴やアロマ、整体、マッサージなど、体にとって心地よくリラックスできる習慣を持ちましょう。

「頑張ったら、しっかり充電する」というサイクルが体にも好影響を与えます。