卵子と精子には大きな違いがあります。

卵子は生まれ持った数から増えることはなく、自身の年齢と同じだけ年を重ねます。

これに対し、精子は何歳になっても毎日新しくつくることができます。

そのため、一般的に「不妊」と聞くと、女性側に問題があるように思われる傾向があります。

しかし、実はその原因の約半分は男性の側にもあることが明らかになってきました。

つまり、不妊治療では、女性側の通院や治療だけではなく、男性も一緒の治療が重要であるということです。

男性は思いがけないことに現実逃避的になったり、自尊心が傷つくことがありますが、最終的には妊活のための前向きに治療に取り組む人が多くなっています。

精子は毎日つくられることから、生活習慣を改めることでその数や質を高めることが可能です。

望んでいる未来のためにも、日々できることを実践して、妊娠力アップを試みてください。