これが上位にいるチームとの力の差というべきかもしれません。

リーグ戦を4連勝中のベガルタ仙台でしたが、ナビスコカップでは鳥栖を相手に0-2で敗れました。

早々と1次リーグ敗退が決まってしまいました。

最近のチーム状態とは違って動きが目に見えて悪かったようです。

肉体的にも精神的にも疲労が吹き出したのかもしれません。

開幕からずっと勝てなくて、監督交代を経てようやく降格圏から抜け出しました。

選手たちの間にもひとつの区切りみたいなものがあったかもしれません。

でも相手の鳥栖は違いましたね。

豊田ら主力を欠きながら運動量で圧倒していたということです。

控え選手のモチベーションというか、主力がいない間に積極的にアピールする姿勢が強かったということでしょう。

ベガルタ仙台にもこういうのが欲しいですね。

基本的に主力メンバーはずっと変わっていません。

しかし、確実に年齢は上がってきています。

若手が与えられた少ないチャンスを生かしていかないと自分のサッカー人生はもちろん、チームの将来も危うくなってしまいます。

補強がないのであれば、若手のそういう動きに期待したいです。